Release notes (Japanese)

Corda Enterprise Network Manager 1.5

Corda Enterprise Network Manager (CENM) 1.5では、新しいCENM管理コンソール 、CENMの管理コンソールへのAzure ADを用いたシングルサインオン、ノード鍵(Legal Identity)とその証明書をローテーションする機能など、多くの新機能と機能強化が導入されています。

今回のリリースには後方互換性がありますが、Corda Enterprise Network Managerの以前のバージョンからのアップグレードをご検討ください。

新機能と機能強化

CENM管理コンソール

CENM管理コンソール は、CSRやCRRのリクエストを確認し、Network Map上でNodeを表示し、Cordaネットワークの設定値変更(Flag Day)を実施し、サービス構成をアップデートできる、CENMの新しいウェブインターフェースです。

Azure ADを使ったシングルサインオン

CENM 1.5 では、CENM Authサービス 用のシングルサインオン(SSO)として、Azure Active Directory(AAD)のサポートを導入しています。完全なロールベースアクセス制御(RBAC)をサポートし、システム管理者がユーザーグループや権限を作成し、管理できるウェブベースの管理インターフェースを提供します。この結果 、Azure ADとCorda Authサービスで簡単な設定を行うだけで、CordaサービスとAzure AD間でSSO設定を運用できるようになりました。

証明書ローテーション:ノード鍵(Legal Identity)とその証明書をローテーションする機能

Corda Enterprise 4.7では、ノード鍵(Legal Identity)とその証明書をローテーションする機能を導入しています。これによって、CENMがNetwork Map上において、新しい証明書を使ってNode(Notary Nodeを含む)を再登録できるようになります。

本機能の詳細については、R3サポート までお問い合わせください。

修正された問題

  • 約1300以上のNodeが登録されていると、Network Mapサービスの更新が滞る問題を修正しました。
  • Kubernetesクラスター上でCENMを展開する際に、Network Mapサービスが完全に起動しない問題を修正しました。

既知の問題

  • CENMコマンドラインインターフェース(CLI)ツールを使ってNetwork Mapを展開する際に、Network Mapの署名プロセスが失敗し以下のエラーが表示される場合があります:「No NETWORK_PARAMETERS type signing process set up」この問題を回避するには、AngelサービスとSigningサービスを停止し、手動でプロセスを終了signer.jarします。
  • 非同期の署名に使った場合、CENMコマンドラインインターフェース(CLI)ツールの署名要求statusコマンドが失敗します。
  • ネットワークパラメータ(./cenm netmap netparams update cancel)をキャンセルするためにCENMコマンドラインインターフェース(CLI)ツールのコマンドを実行してもメッセージが表示されないので、実行に成功したかどうかがわかりません。
  • CRRツールで取り消し申請の要求を実行した後、CRLの署名について十分な取り消しの詳細が表示されません。
  • コマンドをsigner実行するときにトークンが失効していても、CENMコマンドラインインターフェース(CLI)ツールはメッセージを表示しません。
  • workflow.enmListener.portパラメータが存在しないときに、Identity Managerサービスが間違ったエラーを表示します。
  • Shellサポートを使ってCENMサービスを設定している際に、shutdownコマンドを実行するとSigningサービスとNetwork Mapサービスがハングします。
  • JIRAワークフローを通じて1から11の拒否コード でCSRが拒否されたとき、Nodeの通知が不正確です。Additional remarkフィールドの出力に、拒否理由の説明ではなく技術的データが含まれます。

Was this page helpful?

Thanks for your feedback!

Chat with us

Chat with us on our #docs channel on slack. You can also join a lot of other slack channels there and have access to 1-on-1 communication with members of the R3 team and the online community.

Propose documentation improvements directly

Help us to improve the docs by contributing directly. It's simple - just fork this repository and raise a PR of your own - R3's Technical Writers will review it and apply the relevant suggestions.

We're sorry this page wasn't helpful. Let us know how we can make it better!

Chat with us

Chat with us on our #docs channel on slack. You can also join a lot of other slack channels there and have access to 1-on-1 communication with members of the R3 team and the online community.

Create an issue

Create a new GitHub issue in this repository - submit technical feedback, draw attention to a potential documentation bug, or share ideas for improvement and general feedback.

Propose documentation improvements directly

Help us to improve the docs by contributing directly. It's simple - just fork this repository and raise a PR of your own - R3's Technical Writers will review it and apply the relevant suggestions.